×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2014年 山スキーの記録                       yamayama.s.
 4月20日 西吾妻山

西吾妻山より西大巓

吾妻神社の先には鳥海山

西吾妻東斜面 右奥に東吾妻の頭

中ノ沢のスノーブリッジ

【日程】 4月20日 天候:曇り
【山域】 西吾妻山 (2035b)
【ルート】 グランデコ→西吾妻山→二十日平→戻り
【装備】  板:BDドリフト166 金具:TLTスピード
       シール:G3 アルピニストクライミングスキン
       靴:スカルパF1
【データ】 下降高度約1210b 移動距離約9.9`
       行動時間3時間15分
       (参考値)グランデコ積雪:140a

 11時25分、グランデコの第3クワッド降り場付近よりシールで歩き出す。西大巓山頂から中ノ沢二俣へと下り西吾妻山頂へのルートを考えていたのだが、出だしから気温は高く体調は今一つな状況。途中で予定を変更、ショートカットで中ノ沢方向へとトラバースしてみる事に。斜面を大きく巻いて中ノ沢1730b沢床へ。

 沢を辿り西吾妻山頂を目指してみる。雪は締まりフラットで歩きやすい沢ルート。西大巓からの沢が出合う1740b二俣、鞍部方向へ至る沢の方が開けている。西吾妻方向へと沢筋を辿ると次第に沢は不明瞭になり、背の低い樹林帯の中を歩きやすい方向へと進行。山頂の西側も今の時期は雪面が穏やかで歩きやすい。

 12時40分、西吾妻山頂。多数の踏み跡が見られる山頂一帯だが登山者の姿は無い。薄雲が広がり陽射しは無く、吹く風は冷たく感じる。気温は0度。東斜面のオープンを良い所まで滑り降りて見る事にして滑降準備。雪面が少し固い分板の走りは良く、フラットな雪面に大きなターン弧で下る。200b弱下ってストップ。天候も気になるので山頂方向へと登り返す事に。

 スキー場から見た二十日平付近の雪が思ったより少なく別ルートも考えたのだが、さほど大きな問題でも無いので二十日平へと下る事に決定。山頂近くまで登り返してシールを収納。雪面は固めだがターンに問題は無い。今回は尾根沿いに下ってみる。深い樹林の中をGPSで小まめに位置確認をしつつ下るが、油断していると変な方向に下っている時もある。

 いつもの中ノ沢横断ポイントへと進路を振るが、尾根上は笹や下枝が出ていて少し迂回する時もある。早めのタイミングで沢へと下ったせいか雪が切れる事も無く簡単に中ノ沢へと降りた。雪解け水で増水気味の沢に残るスノーブリッジは安定感が無いので渡れない。下流方向へと下ってみる。ブリッジ探しに気を取られたか突然片方の足が笹のトラップに引っ掛かり、雪面にバッタリ。

 目の前にあるのは数日もすれば落ちそうなブリッジだが一気に渡れば問題無いか、SBを渡り対岸へ。雪面に落ちた枝が散乱するカラマツの林を抜けるとスキー場のゲレンデ。板が良く走るゲレンデ滑走を楽しみつつリフト乗り場へ。14時40分、終了。