×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2014年 山歩きの記録                       yamayama.s.
 3月16日 半田山

白い半田沼 下流では公園(?)の工事中

山頂

半田沼より山頂方向

【日程】 3月16日 天候:曇り
【山域】 福島県 半田山
【ルート】 早田牧場付近より山頂周回
【行動時間】 3時間 累積標高差約600b
        移動距離約6.9` 

 朝、久々に山スキーと思って起きてみたら腰の辺りに違和感が。動いている内に解消するさと思っていたのだが改善の傾向は無く、時間を掛けてストレッチ等してみるが、残念ながら効果は無い。取り合えず半田山へ行ってみる事にして準備。スキーは置いて行く事にした。

 10時50分、早田牧場付近よりシューを付けて歩き出す。腰が悪いので靴を履くにも冷や汗だった。遊歩道を歩いて半田沼へと考えていたのだが、見える限りは歩道の雪が切れていたので雪の繋がる車道を選択。モービルに潰された雪は締まって歩きやすいが、上部は厳しいと思われるのでシューのままで車道歩き。

 一か月以上は山歩きをしてないし体調も良くないので意識的にスローペースで進行。今日は息が上がる様な事はまず無いだろう。車道を離れてキャンプ場を通過するとトレースは無く、ようやく傾斜も増して来る。道形は雪に隠れて不明瞭ながら何度も歩いているので問題は無い。

 下部は緩急があり、目前の急斜面に少し思案する時もあるが道は大きくジグを切って伸びているので夏道を辿れば容易。雪は腐っているが思った程は沈まない傾向で歩きやすい。林道に出る前のルートが効率悪いので沢形を辿りショートカット。林道からは再度カットで登山口へ。ここからも直線的にカットして夏道へ。

 傾斜が増しても雪質のせいかシューの喰い付きは良く、足元は安定して快適に登れる。傾斜が落ちると冷たい風に吹かれ、春装備の身が一気に冷やされる。稜線の雪は比較的フラットで歩きやすい。

 12時40分、半田山山頂。全般に積雪は多めでスキーでも楽しめた感じ。気温は5度。下りは北登山口へと周回コース。トレースの無い林間を、右手に半田沼を見ながら縁沿いに歩くとルーファイは問題無く、スキーとは違う気楽さがある。傾斜が出て来る辺りではツボでサクサクと降りたいが、脱着が面倒なのでシューでズリズリと下る。

 鞍部から小さく登り返してから下って行くとピンクのテープに誘われて夏道から離れてしまった。巻気味に下れば尾根の夏道に出合うはずだったが、急斜面になってから雪が切れていたりして思うように行かず、シューで下る限界的斜度に手間取る。スキーで下れば鼻歌なのだが。小雨模様だったが次第にミゾレまじりになってきた。気温は0度。

 東屋の下に出て夏道に合流。窪地の沼は白くなっている。林道を横断して半田沼へ。沼から落ちる放水路沿いの歩道を下って行くと雪が切れ、シューを脱いで歩くことに。間もなく赤い車が見えて来た。13時50分、出発地点戻り。