×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2013年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 11月2日 不忘山 (1705b)          

不忘の碑付近より吾妻安達太良連峰

沢方向

不忘山山頂


【日程】 11月2日 天候:晴れ
【山域】 蔵王連峰 不忘山
【ルート】 硯石登山口より山頂を往複
【行動時間】 3時間 累積標高差約1000b
        移動距離約8`

 登山口より歩き出す、10時40分。七ヶ宿方向から見る不忘山は山頂より優美に裾野を広げているのが印象的。登山道を歩いてみても、少しずつ勾配を増して行く道筋は見た目と同じで、いきなりの急登で始まるコース等とはまた違う、起承転結的なコースと感じている。

 葉の落ちたナラやミズナラ等の明るい林間を歩き、傾斜が落ちるとゆるい登りが長い。青空が広がり風も無く暑く感じる。木々の背が低くなると展望も広がり、時おり立ち止まって眺めを楽しむ。歩き難い赤茶けた砂礫の道を進むと不忘の山頂が見えて来た。明日は藪山行きを予定しているのでペースは抑え目なのだが、時間を確認すると確かにゆっくりだ。

 不忘の碑までが風も強く冷たかった。白石スキー場からの道が合流すると登山者達とも出合うようになる。スキー場側の道は泥道が多くて歩くのも難儀なのだが、なぜか人気は高い。12時25分、不忘山山頂。

 吾妻連峰や朝日連峰が薄雲に浮かんでいるような姿。風に吹かれつつしばし展望を楽しみ、周囲を少しうろついてから往路を戻る事にする。砂礫の道を下っていると単独の女性が上がって来た。このコースは意外に女性に人気があると感じている。山麓には狐がいると聞いたことはあるのだが、いまだに出合った事は無い。

 13時40分、出発地点戻り。