×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2013年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 8月16日 東吾妻山 (1974b)          

鎌沼と高山

東吾妻展望台より中吾妻と西吾妻

山頂方向の針葉樹林

【日程】 8月16日 天候:晴れ
【山域】 東吾妻山
【ルート】 兎平駐車場→鎌沼→東吾妻山→鳥子平 戻り
【行動時間】 3時間15分 累積標高差約480b
        移動距離約10`

 兎平駐車場より歩き出す、11時5分。鎌沼経由で東吾妻を越して鳥子平へと下る周回コースの予定。気が付くと水筒を忘れていたので、浄土平のレストハウスに寄って水を仕入れる事にして少し寄り道。前日、GPSもUSBでパソコンに繋ぐと充電すると勘違いの巻で、バッテリーはダウン寸前の状態。携帯電話の充電と混同してしまったか。まあ、東吾妻のミニコースなので無くても問題は無いですが …気の緩み的雰囲気

 今日も急がない予定なので先行者を追い越す事も少ないが、さすがにサンダル履きのお姉さんは抜くしかない、か。雲の多い天候で気温は高めだが、流す汗も少なく爽やかな高原散歩気分。鎌沼を通過して姥ヶ原へ。木道が終わると次第に傾斜が増して来て登山道らしくなってくる。山ガール風なグループに追いつき、暫くは後ろに着こうかと思ったら、追い越せのサイン。少し残念な気分

 傾斜が緩んでくると山頂も近い。12時25分、東吾妻山山頂。携帯のメール着信音が何度か鳴っていたのでチェック。さすがにLTEは使えないが3Gで明瞭な通話ができた。AUからSBに変えて不安はあったが意外に電波は良く、特にLTEは思った以上に快適で満足。ただし、高速道路やトンネルではあっさりと途切れる時もあるが。

 遠望は今一つで陽射しも強いので早々に反対方向へと下り出す。木道が整備された展望台で一息。ミヤマリンドウやギボウシの小規模な群生が見らる。対岸の中吾妻、山スキーで使う南尾根ルートが良く確認できる。昨日と同じ人懐っこい黒蝶がぐるりと一周、同じ個体ではなかろうが

 いつもの泥道も今日は乾燥気味で歩きやすいが、それでもスリップには一応注意。山頂方向は背の低い針葉樹が密生していて、見るからにスキー向きでないなと、しばし見上げるが、弱点など有るはずも無しか。展望の無い単調な樹林帯を抜けると景場平。咲く花も意外に多く鑑賞しつつ歩く。

 再度樹林帯に入るとヒマそうな蝉が一匹。軽くなでても反応は鈍く、昼寝中な模様。ゆっくり寝てろや。下って行くと車の音が聞こえ、間もなく車道に出合う。駐車場までは車道を歩くのが早いが、道に平行して作られた歩道(登山道?)を歩いてみる事に。小湿原の鳥子平から先が長く感じる道のり。兎平キャンプ場経由で出発地点へと戻った、14時20分












お昼寝中