×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2013年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 8月12日 一切経山と家形山 (1948b)          

家形山より五色沼方向

雨の一切経山

鎌沼付近

鎌沼

【日程】 8月12日 天候:曇り
【山域】 吾妻連峰 一切経山 (1948b)
【ルート】 浄土平登山口より家形山往復
【行動時間】 3時間10分 累積標高差約650b
        移動距離約10`

 11時25分、浄土平駐車場より歩き出す。諸事情で暫く山からは遠ざかっていたので、今日はゆっくりと浄土平周辺の山を歩いてみる計画。福島市内は晴れていたのだが稜線付近は意外に雲が多く気温は高め。左ヒザは歩くには問題無いのだが違和感があり、あまり無理はしたくない雰囲気。ある程度はストレスを与えたほうが良いとも聞くが。

 普段着にスニーカー姿の家族連れも多く、人それぞれのスタイルと言った感じ。思い返すと、三十年ほど前に自転車担いで一切経山からあずまスキー場へと下り、次回は自転車担いで吾妻の縦走をと本気で考えていた頃がチト恥ずかしい気分。偵察かねて試にチャリ無しで縦走路を歩いてみて考えが変わった。歩きの軽快さに目からウロコ  MTBで13`程

 避難小屋から先は浮石等も少なく歩きやすかった。吹く風は爽やかで、歩くペースも早くは無いせいか汗もあまり出ない。雲が多めだがそれなりに周囲の展望は楽しめる。一切経の山頂を通り過ぎて五色沼のビューポイントで一休み。沼の水量は幾分少なめかも知れない。

 間もなく下り出して家形山方向へ。にわか雨でも降ったのか樹林の中の道になると道が少し湿っぽい。鞍部から一登りで家形山の山頂へ、12時35分。五色沼を眺めつつ暫しぼんやりとしていると雨が落ちてきた。濡れても問題は無いが往路を戻る事にして下り出す。

 意外に降りが強くなり、この先は東吾妻に寄る考えもあったのだが今日はキャンセル。頑張って筋肉痛になると今後に響くので丁度良いタイミングと捉えてみる。一切経山への登りも風が吹いて来ると寒いくらい。気温は18度。大岩の下で雨宿りも良いなと思っていたら雨は上がってしまった。石ころだらけの道を下って避難小屋を通過。木道の分岐まで来て時間を確認。

 余裕はあるので鎌沼を周回してから戻る事にする。濡れた木道を快適に歩いて行くと、辺りにはシラネニンジンとキリンソウが咲き華やいでいる。時おり雨が落ちて来る天候のせいか人の気配は無く静か。東吾妻の姿は見えない。鎌沼の先で木道が合流すると後は下るのみ。花の終わったチングルマの群落を眺めていたら雨脚が強まってきたので歩き出す。

 浄土平に戻ると青空が広がって来た。往々にして良くある事か。14時35分、出発地点戻り。