×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2012年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 11月23日 安達太良山 (1700b)          

峰の辻

安達太良山頂

薬師岳みはらし台

【日程】 11月23日 天候:雨と雪
【山域】 安達太良山 (1700b)
【ルート】 奥岳登山口→峰の辻→山頂→薬師岳→戻り
【行動時間】 3時間10分 累積標高差約800b
        移動距離約10`

 あだたらスキー場の駐車場より歩き出す、8時30分。小雨模様なのでカッパを着たが、気温が低目のせいか汗は出ない。稜線方向は流れる灰色の雲に隠れている。先週から左ヒザの具合が悪く、数日前に整形外科で治療を受けてから大分回復はしているのだが、まだ完治はしていないので膝をいたわる歩きです。この先は泥道が続くので無理の無いペースを心がける。

 標高1100b辺りから積雪が目立ち始め、天候も雨からミゾレに変わり次第に雪になって来た。勢至平から尾根方向にトレースがあったが見送り、もう少し先にある分岐から峰の辻へと進行。しっかりと踏まれているのでラッセルは無いが、水はけが悪いせいか水たまりがあるので歩きにくい。全般に積雪は少なく進路に迷う所も無い。

 篭山付近まで来ると森林限界で風も強くなり、フードをかぶる。風の方向が変化するので、更に視界が悪化すると方向感覚を失いやすいかも知れない。風から逃げる様に峰の辻を通過して沢へと下る。山頂方向への道を示すトラロープが出ていたのでルーファイ無しでスムーズに稜線へ。

 稜線の分岐まで来ると風が正面から吹き付けるが、山頂までは間もなくの距離。夏道通りに歩き山頂へ。10時25分、安達太良山山頂。峰の辻付近では−4度だったが、ここは−2度。視界の無い山頂より間もなく下り出す、と道を間違えてしまい、再度山頂に戻り正規のコースへ。

 スキー場の泥道を嫌い往路を戻ろうと考えたが、考え直して薬師岳方向へと下り出す。少し高度を下げると嘘のように風は無くなり、浅いが締まっていて歩きやすい雪道が予想外に快適な下り。トレースもありサクサクと進行。木道歩きも適度な積雪で問題は無かった。薬師みはらし台からは小雨模様になり雲の下に出る。

 ゲレンデを下るか登山道を下るか少し迷うが、トレースのある登山道を選択。気温が上がり道はぬかるみ歩きにくい。草の無いスキー場のゲレンデは昨年と同じく悪い泥道で足元は泥々。解体工事中の富士急ホテルを横目に駐車場へと戻り、11時40分

 箕輪スキー場が今日オープンなので、ホテルで一風呂と思ったが残念。時間も残り少ないので急ぎ箕輪へと出発だす。