×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2012年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 4月22日 阿武隈山地 蓬田岳 (952b)          

鳥居のある登山口

霧の山頂

探検コース 階段歩きが長い

【日程】 4月22日 天候:曇り
【山域】 阿武隈山地 蓬田岳 952b
【ルート】 新田登山口→山頂→糠塚口690b→山頂→戻り
【行動時間】 2時間15分 標高差約650b
        移動距離約5`

 時間の都合もあり、短時間で山歩きの楽しめる阿武隈山系の蓬田岳へと出かけてみた。登山口がジュピアランドひらた、と判りやすい新田登山口からのアプローチ。時期的に早いのかジュピアランドの広い駐車場に車は無く、貸切状態。

 14時15分、歩き出す。登山口には大きな案内板と鳥居があって判りやすい。適度に踏まれていて歩きやすい道を少し行くと右手に駐車場が見えた。奥には祠と水場もある。気温は8度程。

 山頂方向は雲の中で今にも雨が降り出しそうな気配。湿っぽい道を歩いて行くと猫が一匹下って来たので声をかけてみる。ニャン子は面倒くさそうに藪の中に消えて行ったが、果たして餌は何を食べているのか等と考えつつ歩き、高度を上げて行く。勾配が増してきて間もなくで尾根に出て反対側からの道と合流。

 緩い尾根上の先には神社があるが、後で参拝する事にして素通り。細長い山頂にはTV中継設備と三角点があった。その先の大石が山頂らしい雰囲気はあるが、残念ながら今日は視界が無い。14時50分、山頂。

 何となく小腹が空いてきた、今日も行動食は無し。石の上に腰を下ろして一休みすると少し落ち着く気分。反対側の田母神登山口へと下ってみる事にする。緩く下って行くと道が分かれていた。標があったが今ひとつピンと来ないので右手の道へ。小さなアップダウンもあり意外に変化があるコース。急な下りになると沢沿いの道に合流。

 田母神登山口へと至る道だが、少し下ると道が湿っぽくなってきたので引き返す事にする。往路を辿らずに沢沿いの道を登って行く。沢の源流部は落ち葉に踏み跡が隠れているが、目印もあり迷うことは無い。運動不足のせいか早くも息が上がってきてお疲れモード。

 尾根上には露岩もちらほら。モスラの鼻抜けから岩の上に上がってみるが視界は無し。尾根道を辿ると先程の分岐に出合う。山頂に戻ると風が冷たい。ジュピアランドへと周回できる探検コースの表示があったのでこのコースを下ってみることに。

 急な階段の下りが延々と続く道で、周囲の木々も伐採されていて山歩きを楽しめる雰囲気は無く、過剰整備された遊歩道と言ったところか。林野庁の事業とか。長い階段歩きが終わり小沢を渡るとジュピアランドも近い。広い園内を歩き出発地点の駐車場に戻った、16時30分