×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2011年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 6月6日 福島県 萬歳楽山 (915b)     

茂庭分岐と踏跡

茂庭からの三日尻林道口

八畳岩付近から蔵王連峰方向

【日程】 6月6日 天候:晴れ
【山域】 萬歳楽山
【ルート】 北口林道口より山頂へ、更に茂庭往複
【行動時間】 3時間
【データ】 標高差約500b

 最近は山に行く回数も減って運動不足なこの頃。今日は時間も限られているので近くの半田山で軽く足慣らしと思って出かけたが、登山口への道は地震の影響でいまだに通行止のとなっていた。方針変更で小坂峠から萬歳楽山へと思ったらこちらも分岐から先が通行止だった。

 麓まで戻り、チップ工場側からアプローチして北口林道口へと到着。今日はここから山頂往復の予定なので簡易な装備で向かってみる事に。13時30分、歩き出す。透明感のある青空が広がり、新緑が瑞々しい森の道は快適そのもの。普段は人に出合う事も無い萬歳楽山だが、今日は登山者も多いようだ。

 ゆっくりと思っても、気が付くとつい早足傾向になってしまう。第二展望台に上がり一息ついてから三角点のある第一展望台へと緩く下って行く。13時50分、第二展望台。茂庭ダム方向の展望が良い。間もなく往路を戻る事に。茂庭分岐の標がある所で立ち止まる。昨年までは無かった茂庭方向への踏跡が見られる。

 状況を見ながら茂庭方向へと下って見る。少し行くと緩い谷筋を下るようになり、放置された杉の植林地の中に作業道の道形が現れる。下草はあるが道形は明確。細目のワラビが散見されるが採る人はいないようだが、何となく理由は分かる気も。

 沢の流れが見えるようになり間もなく、車両の通行が可能な林道に出る、14時15分。地図は持参しなかっが、気憶ではこの沢の下流に蓮華滝が有るはずだが。蓮華滝まで行けるかは不明だが暫らく林道を下って見ることにする。爽やかな風が吹きぬけて心地よい事もあり、林道歩きもあまり苦にはならない。

 伐採作業中の現場を過ぎ、三日尻線と表示された電柱が現れると間もなくネットで出来たゲートに出合う。獣除けが目的のネットをくぐり、畑の中の道を進むと舗装された道に出合う、15時。時間も気になるのでここで引き返す事にする。

 自宅に戻り地図を確認したら、林道から蓮華滝へと下る点線表記の道があったようだが気がつかなかった。枝沢で水を浴びてすっきり、標高の割に水は冷たく美味い水だった。茂庭分岐のある登山道に戻る、16時10分。北口方向へと少し行くと分岐があり八畳岩と書かれていたので寄って見る事に。最近開かれた道のようだ。

 緩いアップダウンを越して山腹を巻いて行くと八畳岩の標があった。細く急な道を辿ると直に岩があり、これが八畳岩のようで期待以上でも以下でも無い。周回して標の所まで戻る事ができるが、道の整備はこれからと言った雰囲気はある。小畑林道口へも下れるのでコースの選択肢は増えた。

 往路を戻る事に。途中、蔵王方向の展望が得られる所もある。出発地点戻り、16時30分

 案内板を見るとトイレも整備されたようで、確かかに女性のハイカーの方が比率的に多かったようではある。