×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2010年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 10月13日 磐梯山 (1819b)     

山頂より猪苗代湖方向

川桁山と赤埴山



【日程】 10月13日 天候:曇り
【山域】 磐梯山
【ルート】 リゾートスキー場→翁島コース→山頂→往複
【行動時間】 2時間15分
         標高差約1000b 移動距離約5.8`

 時間的な余裕もあまり無いので、比較的近い磐梯山へと出かけてみる事にした。当初は猪苗代スキー場側の表登山口からと考えていたが、一時間少々で山頂に立てる翁島コースを利用してみる事にした。そうは言ってもある程度体調がベストな状態での登りタイムであり、不調な時にはやはりそれなりの時間と疲労感を残してしまう。 

 12時40分、登山口より歩き出す。見上げる山頂付近は時おり流れる雲に隠れるが、雨の心配は無さそうだ。曇り空でも風は無く、歩き出しからそこそこの傾斜もあり息が上がる。スキー場のゴンドラが動いている、営業中のようだ。

 始めからペースを上げて行くが、スキー場のゴンドラ降り場からの道が合流する辺りからペースが落ち始める。思うように足が前に出ないし、時おり立ち止まってしまう事も。前回の富士山での疲れが残っているのか、下山後の体調管理にも問題があったのかもしれない。

 ぼちぼちと登山者が下って来る。駐車地点には二台しか車が無かったから、ほぼゴンドラ利用での登山と思われる。紅葉は中腹付近が見頃で、間近で見ると枯葉交じりで見た目はぱっとしないが、対岸の尾根や斜面を見下ろすようなポイントからの眺めは悪くない。

 写真を撮ったり景色を眺めたりして足を止めながら進行。天狗岩を越すと傾斜が落ちて山頂も近いせいか、足取りが軽くなってくる。風があり、オーバーヒート気味の体には心地よい。間もなく磐梯山の山頂へ、13時57分

 当初は70分を切りたいと思っていたが、休み休み登った割にはそう悪くもないタイム。ただペース配分含め問題は多い。曇り空で遠望は利かないがそれなりに眺めは楽しめる。眼下の赤埴山と沼ノ平の紅葉が印象的。少し休むと体も冷えてきた。さてと、往路を戻る事にしよう。

 登りが悪い時は下りも注意が必要、スピードを殺し確実に歩く心がけ。樹林帯に入ると風も無くなり下りでも汗が出る。スキー場まで下ると、空のゴンドラがまだカタカタと動いていた。14時55分、出発地点戻り。