×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2009年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 10月14日 南屏風岳 (1810b)     

不忘の碑方向

不忘山山頂

水引入道

水引平と屏風岳

【日程】 10月14日 天候:曇り
【山域】 蔵王連峰 南屏風岳
【ルート】 白石スキー場→南屏風岳→水引入道→スキー場
【行動時間】 3時間35分
【データ】 登高高度約1150b 移動距離約13`

 白石スキー場の駐車場に車を停めて歩き出す、9時15分。晴れてはいるが蔵王の稜線付近は雲の中。駐車場付近では風が強く肌寒く感じる。しばらくゲレンデの中を歩き不忘山方向へと進行。予定としては不忘山から南屏風岳を経由して水引入道へ、下りはジャンボリーコースを利用した周回コースの予定だが、気象条件次第では変更もありそうな感じ。

 ゆるい登りが続く道。付近の紅葉は見頃だが、高い木の落葉が目立つ。次第に傾斜が出てくると階段状の掘れた泥道となってくる。以前に補修された道も今は荒れ気味。泥で靴が滑るのでペースはそれなりに遅い。尻餅ついたら泥だらけになるし。小さく見える不忘の碑が目印。

 すれ違う登山者も平日にしては多い傾向。不忘の碑を通過すると辺りは雲の中で視界は悪い。間もなく風が冷たい不忘山の山頂、10時40分。写真だけ撮り南屏風岳へと下り出す。思ったほど風は強くは無く、行動には支障はない。稜線付近では風の中、小鳥の群れが風に舞うように飛び交っていた。

 視界の無い南屏風を通過して水引入道への分岐へと歩く。分岐を右折して下り出すと風は無くなり、視界も得られるようになる。見下ろす秋山沢付近一帯の山腹の紅葉に陽があたり見事。水引平を通過して山頂へ。11時35分、水引入道。順調なペースでも無いが風を避けて一息。予定通りにジャンボリーコースを下る事にして歩き出す。

 灌木帯の中に入れば風を避けられるが、今度は陽射しもあり暑く感じる。ゆるい斜面を順調に下り、次第に木々の背が高くなってくると紅葉も鮮やかになってくる。適当な所で腰を降ろして観賞。歩きやすい道を気分良く下り、やがて道が平坦になってくると登山口は近い。

 登山口に出てから林道を30分弱程歩くと出発地点の駐車場が見えてきた。12時50分、出発地点に戻り。