×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2009年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 8月16日 福島県 萬歳楽山 (915b)     

小畑林道の駐車スペースより山頂方向

第一見晴台より栗子山と摺上川ダム

北口林道登口

【日程】 8月16日 天候:晴れ
【山域】 萬歳楽山 (地図)
【ルート】 小畑林道登山口→山頂→北口林道登山口→戻り
【行動時間】 1時間5分

 最近は山を歩いていないせいか何と無く体調がよろしく無い。自宅から比較的近い宮城福島の県境にある萬歳楽山に登山道が開かれた噂は聞いていたので、空き時間を利用して出かけてみた。

 県境を越えてすぐに北口林道登口に出合う。車を駐車スペースに寄せていたらアブが集まりだしてきた。このような所でアブに囲まれるとは思わなかった、さてどうしよう。アブを避け、この先の小畑林道登口まで車で移動してみる。昔、何度か自転車で走った事のある道を進むと案内板のある駐車スペースに出て出発の準備。車はアブの小集団に囲まれているが、熱の違いか人には興味が無い感じ。

 12時25分、歩き出す。暫らく林道を歩くと左手に登り口の表示があった。道は思ったより踏まれていて歩きやすい。気温は高めだが樹林が陽射しを遮り微かな風もある。間もなく大日如来岩と書かれたポイントを通過すると道の傾斜も落ちてくる。三方境の分岐を過ぎ、緩く下った先に三角点のある第一見晴台がある。

 12時50分、第一見晴台。単管パイプで組まれた見晴台に上がると周囲の山並みが良く確認できるが、薄雲が広がり遠望は利かない。七ヶ宿ダムが正面に見えると思ったら勘違いで摺上川ダムだった。見晴台からは朝日連峰も望めるそうだが残念ながら本日は吾妻も蔵王も確認はできなかった。

 三方境まで戻り、山頂にある第二見晴台へと進行。見晴台に上がると風が心地良い。北口登口へと間もなく下りだす。快適な道を下り、傾斜が無くなると間もなくで登口に出る。後は林道を歩き出発地点まで歩くのみ。13時30分、戻り。

 いまだにアブが車の周りに群れている。近くの弘法清水と書かれた水場で水を浴びる、冷たくて美味い水だ。帰りはアブがどの程度の速度までついてくるか試しながら車を走らせてみた。やはり結構しつこい