×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2008年 山歩きの記録                        yamayama.s.
 3月24日 阿武隈山地 花塚山 (919b)           

北峰から木幡山方向

北側の斜面には残雪があった

 半日の休みを利用して滑りに出かける予定でいたのですが、福島山形地方は日中雨の予報となっていた。本日は蕎麦+温泉入浴にでも行きたい気分だが運動不足のストレスも気になるこの頃。安易な妥協案として、いつもの花塚山で軽く汗を流してみる事にして出かけてみた。自宅を出て間もなく雨が落ちてきた。後で確認すると、珍しく天元台のリフトは天候不良で運休となっていた。

 花塚の里登山口に車を停め、簡単に出発準備です。8時30分、小雨の中を歩き出す。花塚山に関しては今までデータとか地図とかの情報を余り確認した事が無く、今回はGPSとカメラを持参して真面目に記録をとってみた。時間もあまりそうだし。

 尾根の階段を登り稜線の分岐を目指すが、久々の山歩きに足の上がりが今ひとつ。急登が続く飯豊クラスだと足上げの数cmの違いが後で大きな差となるが、今日は気楽に行きましょう。軽く鼻歌でも、鼻水も出るし。樹林の中の稜線に出ると雨と風が強まり汗も引く。8時58分、山頂着。タイムは調子が良ければ25分を切りたい所だが、まっこんな感じでしょう。気温は2度と意外と低い。

 北側の斜面にはまだ雪が残っている。風もあるので早めに引き返す事にする。北峰を経由して堅石へと下り周回コースをとるつもり。急な尾根道は枯葉も吹き飛び、道も踏まれていて快適な下り。山腹を大きくトラバースするように登山口へと戻るコースは小沢の横断もあり変化があるが、植林地の際を歩くのが単調。暑い時期には来たくない。

 10時2分、出発地点に戻り。雨と霧と残雪の花塚山も良い、晴れている時よりも良い感じかも。なお、GPSデータは誤差があるようなので、あくまで大まかな表示と心得ています。

【行動時間】 1時間32分
【移動距離】 5`
【標高差】 約380b 登山口山頂間
トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール