×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2006年 山歩きの記録
yamayama.s.
 9月22日 磐梯山 (1818b)

櫛ヶ峰と北尾根

猪苗代湖

 翁島登山口より磐梯山山頂へと至る登山道は比較的すっきりとした登りが続き歩きやすい事や、上部からの周囲の眺めが良い事もあり毎年の様に利用しているコースです。

 あちこちと寄り道等をしながら磐梯山の翁島登山口へと向かう。スキー場ゲレンデの駐車スペースに車を停めて出発の準備。タイムを計測してみようとしても、使った事の無い腕時計のストップウォッチ機能の使い方が判らない(無い?)ので、少し時間を調整してから歩き出す、13時50分

 スキー場のゲレンデを少し歩いてから登山道を辿る事に。樹林の中は風が無く暑く感じるが、気温はそれ程高くは無い。歩き出す前に水を多めに飲んだせいか、横っ腹が痛くなってきた。イタタ

 道は雨水で掘られたのか、昨年よりは少し荒れ気味な雰囲気がする。ゲレンデのトップを越して固定ロープが有るあたりが時間的に中間地点。通過タイムは遅れ気味なので少しペースを上げてみるが、限界近いです。

 履いている靴のせいか天狗岩の登りが快適で、このまま岩尾根が続けばと思いながら登る。眼下の水田が黄金色に輝き秋を感じる、春に来た時は一面に水が張られて春を感じたが、季節感のある眺めを楽しめる磐梯山。

 山頂も近くなりペースを上げる、今日は寄り道の予定は無いので体力の温存は無し。いつもの見慣れたテッペンが見えてきた、息を切らせて山頂着、14時53分

 ぐったりとして長めの休憩、行動時間は短いが疲れた。63分は前回より早いが条件などを考えるとレベルは同程度といったところか。残念ながら今回も目標の60分は切れなかった。

 体も冷えてきたので下り出す。猪苗代湖に向かって下る感じが良い、これで晩秋の日没近くなら言う事無しなのですが。今日は高曇りながら光のかげんか景色が違って見え、郡山方面が市街地も含めて良く見える。

 やはり下りは早く、調子に乗ってのオーバーペースに気お付けながら往路を下り出発地点へと戻った、16時

【データ】 登高高度約1000b 
トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日 プロフィール