×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
 2006年 山歩きの記録
yamayama.s.
 5月25日 安達太良山

山頂より船明神と磐梯山

胎内岩と高山方向

硫黄川

 労働環境の変化に伴い、休日には雑用やら荒れ模様の天候やらで山歩きからは暫らく遠ざかっていた。まずまずの天候の本日、空き時間を利用して近くの安達太良山へと出かけてみた。

 朝も遅く、近場の安達太良と言う事で、ゆっくりと好みの材料で野菜鍋等を作って寛いでいたら出発時間もかなり遅くなってしまった。あだたらスキー場ベースの奥岳登山口より歩き出す、12時55分

 駐車場には結構な数の大型バスや乗用車が停まっていた。遅い朝飯で膨れた腹をゆすりながら林道を歩き、山頂駅のある薬師岳へと進行。薬師岳から安達太良の山頂までは良く整備された道が続くが、石楠花や灌木の枝がかぶさっているので要注意。登りでもスピードが出やすい道なので、時々頭に枝がぶつかる。登山道周辺の残雪は僅かで少し残念。

 ホシガラスに似た鳥が道案内のつもりか、はたまた餌が欲しいのか、付かず離れずで一緒に山頂の乳首を目指す。山頂も近付きカラスの鳴声が聞こえると、人なつこい小さなホシガラスは下界へと飛んでいってしまった。鳥の世界でもカラスは嫌われ者のようだ。

 遅い時間でも賑やかな安達太良山山頂着、14時20分。風が冷たいので写真だけ撮ってから船明神山へと進行。微かに硫黄の臭いが風に飛ばされてくる。主稜線からの噴火口の眺が素晴らしい。暫らく登山道を順調に下り、分岐を右に折れて硫黄川へと降りる、15時25分

 沢風呂に入りに来たと思われるペアを横目に、沢で顔を洗って一休み。一風呂浴びたいが、まだ登り返しがある。きつめの硫黄の臭いを胸一杯吸い込んで歩き出す。うっ、少し立ちくらみが。

 運動不足がありありで、足が重くて息も上がり、もう早くもバテ気味です。沢筋の気持ちの良い道を辿り、胎内岩を過ぎると緩い稜線歩きとなる。人の気配のする鉄山避難小屋前を通過。鉄山山頂、16時40分

 馬ノ背から左折して、僅かに残る残雪を踏みしめながら勢至平方面へ。後は安達太良にしては比較的乾燥して歩きやすい登山道を下り、最後はクールダウンしながら出発地点へと戻った、17時50分

 【データ】 移動距離:約18` 登高高度:約1200b
トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール