×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2005年 山歩きの記録
yamayama.s.

 6月21日 吾妻連峰 西大巓と明月湖 (お花見)

西大巓からの西吾妻


梵天岩から中大巓

弥兵衛平湿原と東大巓

いろは沼

 先日(19日)行った飯豊での筋肉痛もあり、アップダウンの少ない快適な吾妻の稜線歩きとお花見を求めて出かけてきた。

【日程】 6月21日 天候:晴れ
【山域】 吾妻連峰
【ルート】 デコ平→西大巓→明月湖を往複
【装備】 今回はスキー板はなし

 デコ平の登山口に着いて出発の準備。駐車場は平日なのに車が一杯だが、そのほとんどが山菜採りの車。途中の林道にも山菜採りの車が路肩にズラリと駐車していた。穴場?

 9時45分、歩き出す。親切に山の情報を教えてくれる方もいてありがたい。デコ平湿原の木道を歩き間もなくでスキー場のゴンドラ降り場を通過。登山口が変更なっていたが、新旧どちらから入っても問題は無い。

 樹林の中の泥道をスリップに気を付けながら登る、登山道にはまだ残雪が僅かに残っていた。11時5分、西大巓山頂。霞がかかり遠望はきかないが爽やかな風が吹き居心地の良い山頂。

 水場へと下り西吾妻小屋へと登り返す、水場付近では融雪水が豊富で顔を洗ってスッキリできた。西吾妻の山頂には寄らないで梵天岩を通過。中大巓や主稜線の展望が開けると思ったより残雪は多い、大凹の水場へと残雪上を滑りながら快適に下降。

 水場では水量豊富な冷たい水を頂く。人形石に出るとお花畑も見頃でチングルマが登山道沿い咲いている。湿原ではワタスゲも風に揺れていたが、登山者は少ない(約二名)。湿原の中の長い木道を歩き、分岐では樹林の中の東大巓には寄らずに明月荘へと左に進行。

 明星湖の手前で休憩。ここを折り返しとして大休止、13時30分。広い湿原の先に東大巓と西吾妻の頭を見ながら、池塘の横の木道でひっくり返り昼寝。日差しが強くて熟睡は出来なかったが、もう動きたくない気分です。

 良く見ると湿原の植物も種類が多い、大きな群落は無いが植生が豊かなのでしょう。さて、戻るとしますか。往路も長い木道を歩き大凹の水場でまた休止、冷たい水に体温も一気に下がる。

 後は西大巓からの泥道を慎重に下り、出発地点に戻ると駐車場には自分の車が一台だけ、17時45分