×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2005年 山歩きの記録
yamayama.s.

 5月30日 猫魔ヶ岳 

雄国沼

猫魔ヶ岳


足の状態(皮むけ)も今ひとつなので山スキーは諦めて、気楽に新緑の中のハイキングを楽しもうと会津方面に出かけてみた。残念ながら天気予報は少し外れて吾妻や磐梯山の稜線は雲の中。流動的な計画を何時ものように変更して、ラビスパ裏磐梯の登山口から猫魔ヶ岳を目指しみる事にした。

 9時5分、西側にある登山口より歩き出す。道は幅も広くて歩きやすいが、いささか過剰整備気味。尾根に上がると気持ちの良いブナ林の中を緩いアップダウンが続き快適に歩ける。

 10時20分、雄国山山頂(1271b)。展望台に上がって見るが、上空には厚い雲があり展望は今ひとつ。裏磐梯は今頃の時期が暑くも寒くも無く丁度良いが、花の時期はこれから。猫魔ヶ岳を目指して雄国沼へと下る。

 人気の無い雄国沼を通過して、幾つかの小沢を横断してから明るい新緑のトンネルを登ると猫石。この先も急登は無いが、単調な登りに飽きがくる頃に猫魔ヶ岳(1404b)に着、11時40分

 付近はガスの中で真っ白、展望はほとんど無し。展望が良いと言われる厩岳山は寄らないで往路を戻る事にする。携帯の電源を切らないでいたら結構な着信があり話ながら歩くが、集中力が無くなります。雰囲気も無い。

 おいしい沢の水を頂いたり顔を洗ったりしながら気楽に歩き下るが、天候は回復しそうも無い。若松や喜多方方面は晴れている様なんですが。東側の登山口に降りてから出発地点に戻った、14時10分