×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2005年 山スキーの記録
yamayama.s.

 2月15日 西吾妻山

中ノ沢

山頂まではもう少し

1600b付近では歩くスキー

二十日平も近い

 グランデコから西吾妻経由で天元台へと下り、グランデコへと戻る周回ルートを考えていたが、相変わらずの深雪に予定変更となってしまった。

【日程】2月15日  天候:小雪 
【山域】吾妻連峰 西吾妻山
【ルート】グランデコ→西吾妻山→戻り
【装備】ポケロケ165+G3
    靴:T2

 5時50分、グランデコの駐車場より出発。暫らく緩斜面の続くゲレンデ内を歩いてから唐松林の中へと入り、中ノ沢の横断ポイントへと進行する。新雪の軽いラッセルになる。今回の道具はテレ+シールなので慣れるまで歩き方がぎこちない。

 起伏のある沢床の横断もテレだとスムーズ♪。水流が出ている場所もあるが通過に問題はない、中を覗くと意外と水量が豊富です。二十日平へと急な斜面を登ると平坦なブナ林が広がっている。暫らくは中ノ沢を左に見ながら登高するが山頂方向は厚い雲に覆われている。

 浅かったラッセルも次第に深くなり、板も沈んでトップが浮いてこない。軽めの雪質が救いだが、予定では遅くても10時までには山頂を通過したい所。膝ラッセルが平均して続き想定タイムはかなり遅れ気味。天元台への下りも若女平辺りはトレースが無いと板が走らず時間的に厳しいだろう。あきらめムードにモチベーションも低下傾向。

 11時20分、西吾妻山2000b付近。樹林帯を抜けると辺りは真っ白。風を避け東側を歩いていた事もあり深いラッセルに効率は悪い。この先の山頂方向は平らになる、高度計で丁度2000b地点を本日の最高点として往路を戻る事とする。

 下り出すが流石のポケロケもスピードが出ず、浮きはイマイチで登りのトレースを利用する。斜度のある樹林帯に入ると本領発揮で面白いようにテレマークターンが決まり、自由自在のターンを楽しめる。しかし、天候が良くてもルーファイの難しい西吾妻です、トレースに絡むように、外さないように下る。

 緩斜面では歩きも入るが、こんな時はテレならあまり苦にはならない、歩くスキー気分で気楽に。確かに今日はもう滑るだけなので気楽です。二十日平の手前から中ノ沢へと下るまで新雪滑降を楽しめた、初めから最後までフカフカの雪で、テレ装備で来た甲斐がありました、滑りは大満足。

 沢から登り返して唐松の林の中へ。後はゲレンデ内を滑って駐車場へと戻った。12時20分着。

 急な斜面のない西吾妻のツリーラン、今回のように雪が深かったり重かったりすると板が走らず、条件的に厳しい物があります。板の浮力のあるポケロケと雪質に助けられ、新雪の中の極楽スキーに昇天寸前の快感滑走を味わえました。




ブナ林とトレース

次第にラッセルに沈む

トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.