×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2005年 山スキーの記録
yamayama.s.

 1月30日 阿武隈山地 大滝根山

尾根上より山頂方向

尾根上部より仙台平方向

送電線と切り開き

山頂の神社とレーダー基地

 阿武隈山地には暫らくまとまった雪が降ってない模様だが、山形方面の天候が良くない事もあり、今回は阿武隈山地の最高峰の名に誘われ大滝根山へと出かけてみた。のだが (^^;

【日程】 1月30日  天候:晴れ 
【山域】 阿武隈山地 大滝根山
【ルート】 仙台平登山口→大滝根山→戻り
【装備】 K2ミニミー+ディアミール
     靴:TR12
     カメラ:携帯カメラ

 滝根町から仙台平登山口へと雪の残る林道を進む。周囲の積雪は川俣方面にくらべて明らかに少ない。登山口に着いて支度をする。固く締まったまった雪の上には登山者の深いトレースが刻まれ積雪も少なめで、蕎麦でも喰って戻ろうかと諦めムードがチラリ。取り合えずシールで歩き出す、12時

 小沢を渡ったりしながら進行する、倒れた灌木が道をふさぎ右に左にジグザグ歩きが続く。尾根に取り付くと歩きやすくなってくるが、ブナ平を過ぎると緩い登りも終わり傾斜が出てきて藪もうるさくなってくる。上の方は樹林が密で煩わしい、少し予想が外れた。

 固くなったボコボコトレースにシールの効きも悪く何とかゴマカシながら登るが、岩場の手前で諦め板を脱ぐ。板を肩に担ぎ、強風に煽られながら千鳥足でと山頂を目指す。山頂まであと少しの所で再度板をはいて林の中へ。

 14時5分、風の冷たい山頂着(神社前)。寒いので写真だけ撮りシールのまま往路を戻る。山頂からはレーダー基地用の送電線だろうか幅の広い切り開きが神俣方面へと続いている、こちらのルートだと斜度もあり快適な滑りが期待できそう。今回はルートの選択がハズレでした。帰路は板の着脱が面倒だし面白味のない斜面なので小脇に板を抱えて歩きで下る事にした。

 15時30分、登山口に戻る。今回のコースは不発でしたが、また大雪で再訪する時は別ルートで大滝根山の山スキーを楽しみたいものです。
トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール