×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2004年 山歩きの記録
yamayama.s.
 10月23日 摩耶山

林道から見た摩耶山

山頂方向

摩耶沢



摩耶より鎗ガ峰と鉾ガ峰

鉾ガ峰より鎗ガ峰、奥に摩耶

【日程】 10月23日 晴れ/曇り
【山域】 摩耶連山 
【コース】 倉沢登山口より摩耶山→鎗ガ峰→鉾ガ峰
      を往複

 岩稜と岩峰を身にまとう豪壮な山と聞く摩耶山に行ってみた。自宅から180`のドライブで登山口付近へと着いたが大規模な堰堤工事中で登山口が判らずウロウロ。新しい橋の奥に登山道を発見、とり合えず登ってみる事にする。

 9時35分、歩き出す。すぐの分岐で左に進み沢を渡渉し尾根を登り出すと踏み跡が薄くなってきた、怪しい。分岐へと戻り再スタート。こちらが登山道の様です。少し時間をロスしてしまった。

 林道には、10月中旬でコース上の鎖やロープは撤去してる内容の掲示があった。ここまで来て諦める事も出来ないので状況を見ながら進行してみましょう。良い腕試しの機会かも。

 傾斜も次第に増してくると尾根筋も細くなってくる。ブナや松の倒木が目立つが整備してあり通過には支障は無し。急峻な山肌に広がる燃える様な紅葉は見頃で、深い沢筋とスラブの岩肌のコントラストが見事、立ち止まり観賞。行程がはかどらない。 (^^;

 急な登りになってきて気を引き締めてると目の前に鎖がぶら下がってた、やっぱしね。あり難く利用して幾つかの小ピークを越していく。巻き気味に下る分岐を見送りさらに尾根を詰めるとこちらのコースも沢へと下りだす。

 沢床で水を飲み周囲を観察。沢コースを詰めて行くが登山道にしては面白そうなコースだ。沢から抜け出てしばらくでコルに出ると山頂はすぐ。11時45分、頂上では賑やかな高年グループが宴も盛り。邪魔しないように写真だけ撮り山頂を後にする。パン一個と水だけではではカッコ悪いし。

 目の前の鎗ガ峰にはハッキリとした踏み跡が見える、当然鎗ガ峰へ。低い潅木に掴まりながら登る。丸い山頂の展望は当然良好。さらに奥の鉾ガ峰も近い。

 薄い踏み跡を鉾ガ峰を目指し下りだす。籔がうるさいので後ろ向きに降りる、少し緊張するが油断は出来ません。コルに降りると踏み跡はさらに薄くなる。スラブを避け落葉した藪の中を右から巻いて鉾ガ峰へ。

 12時20分、山頂は細長く狭いがこちらも展望が良い。南へ伸びる尾根がクネクネと伸びてる、さらに先、山並みの奥の以東岳が随分と遠い。眼下になる登山道のある尾根筋が手に取るよう。展望を楽しみ往路を戻る、再度籔の中へ。

 登山道に戻り下りにかかるが足場が悪いのでゆっくりペースで、登りより手間取る。大岩のテラスで遅い昼飯、しかしポツポツ雨が落ちてきてゆっくりしては居られない。鉾ガ峰と鎗ガ峰のピークは特徴があり下から見ても良く判ります。木の根につまづきながら歩いて駐車場へ、14時10分出発地点に戻る。


摩耶山頂で 登山道方向
摩耶山 鉾ガ峰の山頂で
鉾ガ峰から南の稜線 鎗と沢コース

トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール