×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2004年 山歩きの記録
yamayama.s.
 9月13日 なんとなく安達太良山

使用後で見苦しいでしょうが・・

 午後から暇をみて安達太良登山に出かけてみました。最近仕入れたシェラDの靴を試してみたかったのです。見た目は普通の運動靴ですがソールがビブラムで一見アルパイン向きに見える、実際はクロカンコースを軽快に楽しむための靴のようです。

 ルートは奥岳の登山口から山頂を目指し、黒鉄小屋経由で奥岳へ戻る安達太良の定番コース14時30分、靴が軽量なのでそれに合わせて装備も軽量化し身軽にして登山口よりスタート。

 底が柔らかいので慣れるまで変に足裏が緊張するが岩の露出してる道は本領発揮ですいすいと歩けて軽快です。普通の運動靴と似たようなフィーリングだが値段が高いだけのことはありいくらか歩きやすい、問題は耐久性か。安物の運動靴はすぐにイカレルし足に負担が大きいのです。

 靴が軽いせいか疲労感もなく順調に山頂に着いた、15時45分。人気のない黒鉄小屋を通過してこの先の水場で一息入れる。水が美味くて飲みすぎてしまった。

 緩い坂道の作業道兼登山道を小走りに下るが途中からのショートカットは滑りそうなので利用はしなかったのでいくらか遠回り。最後はクールダウンでゆっくり流して登山口に戻った、ちょうど17時

 靴紐が細くて貧弱で、実際にギュッとは締まらずやはりあまりアップダウのないコース向けでハードなユース、登山等にはあまり適さないかもしれません。穂高周辺の小屋泊りなんかには行動半径を伸ばして使えそうに思います。かる〜くペタペタと

トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール