×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
.
 2004年 山歩きの記録
yamayama.s.
 8月8日 安達太良山で温泉ツアー

障子ヶ岩から沼の平方向

船明神から胎内岩方向

安達太良山頂

源泉 暑くて目まいがする

天然の湯船と落日 白糸の滝上流

 またまた朝寝坊で予定の沢コースは見送り。最近イマイチのりが悪くこんな事の繰り返しです。草付きでのあの事件以来、改めて沢歩きの危うさを再認識してます。毎年失敗事件は有りますが今回の事は後で考えると反省しきり。

 沼尻登山口から安達太良山を周回するコースで最後に硫黄川で水浴びでもしてみようかと計画、自宅でお昼を食べてゆっくりと出発。14時35分、県外ナンバーが目立つ広い駐車場よりスタート。

 ゆっくり歩き始めるが気温が高く、すぐに汗が吹き出てくる。小一時間程で障子ヶ岩の手前付近で休憩、対岸の火口壁の眺めが良い。沼の平をぐるりと一周するように火口の縁をたどり山頂には寄らずに避難小屋へ。

 付近の岩場を確認しながら胎内岩方面へと下る。大分前に来た時は雨で視界が無かったので今回は展望を楽しみながら歩く。さすがに百名山で何度来ても眺めは新鮮です。

 笹の下に熊の糞を見て「オヤ?」と思ったら大きな黒いカエルでした。特大サイズ。胎内岩からの下降は岩が多く快適。湯の花採取場であちこちうろついていたら何か気分が悪い、ガスのせいか地熱のせいか、息を止めて風上へ。

 引き湯の温度は高く手が付けられない。橋の下の沢に下りて湯かげんを見ると丁度良い温度、信じられない幸運。早速パンツを脱いで天然の湯船に浸かる。谷間に沈む夕日を眺めながら至福の一時。冷えたビール、それは次回のお楽しみとゆうことで。

 ゆっくりしてたらモウ時刻は18時を回っていた。渋々お湯から出て尾根へと登り返した。途中の湧き水を飲んでみるが酸味がきつい、冷たいだけに惜しい。そう言えば谷筋には虫が居ないです。

 黄金色の空を眺めながらゆっくりと下山。18時45分、ガラガラの駐車場に戻る。




雰囲気の良い夕空を見ながら下山
トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール