×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール
. ルート図
 2004年 山スキーの記録
yamayama.s.

  西吾妻と西大巓 2月13日                                     

 好天の吾妻連峰で、天元台スキー場から西吾妻をグランデコスキー場へと下り、さらに西大巓へと登り若女下りツアーコースを利用して出発地点に戻る周回ルートを計画。
 予定では楽々日帰りの予定でしたが、ルートの状態と慣れないテレマークの道具ではそう簡単には行きませんでした。

 【日程】 2月13日 天候 晴れ
 【山域】 吾妻連峰 
 【ルート】 天元台スキー場〜西吾妻〜Gデコスキー場
       〜西大巓〜若女平〜天元台スキー場戻り
 【マテリアル】 板:ポケットロケット165+G3 
          ブーツ:T2

 始発のゴンドラで上がるがゲレンデで少し遊んでいたら出発時間も少し遅れて、9時40分にゲレンデトップよりスタート。

 膝下のラッセルで中大巓を巻き気味に稜線に出て西吾妻を目指す。少しもたつきながらも西吾妻山頂に着いて時間を見ると11時15分、予定よりかなり遅れているので急ぎ二十日平を目指し滑降の準備。積雪は充分で樹氷原が見事。

 クラスト気味だがテレマークポジションに努めながらフラフラと下降。1650Mの台地で板も滑らなくなり、手頃な傾斜の中ノ沢へと吸い込まれるように進入。快適斜面もすぐに終わり、沢床に降りないようにと斜滑降で逃げるが、谷がV字状になると沢床に下ろされる。

 沢は水流が出ていて起伏もあり、重くなった雪質の中を歩いたり高巻いたりしながら前進。汗が吹き出る。谷が開けて右に進むとスキー場のゲレンデ内に出る。12時40分。ゴンドラ乗り場へ。

 終点でゴンドラを降りて歩き出す。しばらくゲレンデ内を登行して樹林帯の中に入ると雪質が重くなり足腰につらい。春のような陽気だ。
気持ちの良い樹氷原を抜けて西大巓山頂へ、15時30分

 日陰で滑降準備してると温度計はマイナス10度、雪面もウインドクラストして悪い。時間も無いので中ノ沢源頭を諦め、直接西吾妻小屋下の若女下りコースを目指したが、重い雪に板が走らず苦戦する。ワックスはバッチリ効いてるはずだが。

 1時間も掛かって沢への降り口に着く。樹林の中は気持ちの良い深雪だが沢筋に入り傾斜が無くなると板も走らず歩きも入る。時間が気になってきた。それにしても積雪は多い。クラストと新雪が混じるルートを滑り、天元台の駐車場に着いたのは日も暮れ始めた17時40分だった。

愛用の山板が理由があって使えず、急遽テレ板+スノーシューのコンビで山へ。山テレ初デビューでした。

 
 若女下りの取り付きより〜上部は深雪が快適

西吾妻で

西吾妻山頂からの磐梯山

西吾妻の樹林帯を滑る

中ノ沢の上部から西大巓が見えた

中ノ沢で淵を巻く 少しヤバイ

西大巓よりの西吾妻 この時間雪質は悪い

トップページ 山スキーの記録 山歩きの記録 ときどき日記 プロフィール